季色-TOKIIRO-「多肉植物生活のすすめ」が発刊

piateのテラスも手がけてくださった

グリーンアーティストの季色(ときいろ)さんの最新版の本

多肉植物生活のすすめ」が発刊されました

 

f:id:takehikaru:20170323105015j:plain

 

多肉植物が大好きな方はもちろん、これから多肉を育ててみようかなと思っている人も楽しめる内容です

日頃から「植物と共に生きる」という事を季色さん独特の目線で切り取っているいますので興味ある方はWEBもチェックしてみてください

 

www.tokiiro.com

 

 

 

過去の本はこちらから

アレンジが広がる 多肉植物ずかん ~種類別にわかる育て方・飾り方~ (コツがわかる本!) 

アレンジをたのしむ多肉植物BOOK~育て方から寄せ植え、飾り方まで~ (コツがわかる本)

美容人生20周年を迎え、「職人技」を教えるという事を考える

ありがたい事に今年で美容人生20周年を迎える

今でも師匠のところに弟子入りした日の事を鮮明に覚えている

あれから20年、あっという間だった気もする

 

上京するとき父親からもらった言葉

「手仕事である美容師も職人、職人は最低10年やって一人前

 とにかく10年は一所懸命やりなさい!」

それを大切に続けてきたらいつの間にか20年

まだまだ未熟ではあるが、一区切りとして祝おう

 

この20年いろいろなモノを教わり、育ててもらってきた

職人気質の師匠に出会い、修行させてもらった事は私の美容人生の最大の幸運だったと言える

 

「美容師の技術は職人の技!」でなければならない

というのが、そんな師匠に育ててもらった私の持論である

 

もちろん私自信カットには自信があるが

カット講習をしてくださいと言われると困ってしまう

 

f:id:takehikaru:20170319193044p:plain

 

なぜなら、技術自体、やることにそんなに特別な事はしていない

目新しい事もしていないし、簡単にできる方法なんか知らない

昔からある基本的なカットを研究し

とにかく精度を高め、ミリ単位で仕上げるようにしてきただけ

 

そんな職人の技をどう教えていいか分からない

当たり前の事の精度を高めるには毎日の積み重ねしかない

 

そんな講習を受けたところで、技術がすぐ身に付くものでもない

職人技とは知識では無く、深さなのだと思う

 

行き着くところ

当たり前の事過ぎてないがしろにしやすいモノの中にこそ極意が隠されている

 

今の時代、情報で浅く広い人達はたくさんいるが

深く濃い人はなかなかいない

 

端から見ると、一見同じように見えることでも

深いところにも違う世界が広がっているということは

そこに行った人にしか分からない感覚だ

 

単位で言えば

センチ単位でしか区別できなかった事が

ミリ、コンマ、ミクロの感覚で違いが見えてくる

見えなかったものが見えてくる

感じてなかったものを感じられるようになる

そんなものを簡単に伝えられるだろうか

 

職人技とはそういうものだと私は思う

 

f:id:takehikaru:20170319191510j:plain

ネットで一目惚れして買ったiphoneケース「bitplay SNAP! 7」が届いた!

一目惚れして「bitplay SNAP! 7」を買ってみた

今回購入したのは

【SUPER KOPEK限定】bitplay SNAP! 7 for iPhone 7(SNAP!7 + 標準ワイドレンズセット)

superkopek.stores.jp

思わずポチッとしたら30分後には発送されてた(仕事早っ!)

次に日の昼には届きました

f:id:takehikaru:20170317154603j:image f:id:takehikaru:20170317154611j:image

f:id:takehikaru:20170317154641j:image f:id:takehikaru:20170317154651j:image

 

撮り比べ

ノーマル                ワイドレンズ

f:id:takehikaru:20170317154851j:image f:id:takehikaru:20170317154857j:image

1.5倍〜2倍広角 

 

 マクロレンズでもあるので撮ってみた

 ノーマル                ワイドレンズ

f:id:takehikaru:20170317154908j:image f:id:takehikaru:20170317154917j:image

かなりの寄りでもピントが来るのはありがたい

 

全体的にそこまで性能が高いレンズでは無いから周りはけっこう歪む

そんなチープさを楽しむには面白い

 

f:id:takehikaru:20170317154641j:plain

 

思ったよりスリムなのでポケットに入れてもそこまでかさばらない

一番感動したのはシャッターの位置

カメラを構えた時に一番押しやすい場所にある

iphone自体にはボタンが無いところにボタンがあり

それが反対側のボリュームボタンのところに連動していて押される仕組み

作りはアナログなのに使い心地はなかなか良い☆

グリップも持ちやすく、三脚なども付けられるネジ穴があるなど

良く考えられている商品だと思います

 

レンズセットで¥9,180と少し高めだが、なかなか楽しめるので有りかなと思う

興味ある人はチェックしてみてください☆

 

youtu.be

美容師は技術を高め、日々精進するアスリートのようなものだ

世の中どんどん便利になってくる

我々、美容師の世界もそうだ

道具や薬剤など日々たくさんのモノが開発され消費されていく

昔に比べるとすごく良くなってきた反面

道具に頼って美容師自体の技術は下がったような気がする

カラーでいえば、細かくたくさんの色ができた状態で用意されてある

以前はカラーの種類も少なく、絵の具のように混ぜて新しい色を開発したのもだ

それこそ職人技であった

 

今は新しいカラー剤や道具が出ればすぐ飛びつき、飽きればまた次と

まるでスポーツで技術がない人が道具を取っ替え引っ替えしているように滑稽に写る

 

今やネットで集客があたりまえのようになってきた美容業界

日々、お客様が髪の毛を扱いやすく、格好良くするための技術より

写真やヘアセットなど一瞬の刹那的な作品に重きを置く現在

365日を意識した髪型

360°を意識した髪型

本来そうあるべき我々の仕事

今は

一瞬のスタイル

一方向からの格好良さ

それはヘアメイクさんの仕事

 

しかし多くの人の目に触れる美容師はメディアでかわいい写真を作れる人

有名なのはネットを使いこなす人

 

私の知る限り本当の職人美容師達は表に出てこない

そんなモノに頼っていないからだ

メディア上での美容師のイメージと本来の美容師はかなりズレている

 

本当に長くつきあえる良い美容師を見つけたいならクチコミを大切にした方が良い

我々の仕事は本来そこでしか評価されないモノだし、目の前の一人を満足、感動させるために日々努力している

 

カラーを全面に売り出している美容師は多いがハサミ一本で勝負できる美容師がどれだけいるだろう

セニング(削ぎばさみ)を使わずに格好良いショートレイヤーのカットができる美容師がいるのだろう

 

これからの時代

ネットで自分の技術を宣伝して自分で自分を大きく見せていくことがダサくなる

いや、すでにダサくなってきている

 

以前と同じように

お客様が感動して宣伝してくれる

そんな動きが戻りつつある

我々の仕事とは本来そうであるのだから

 

f:id:takehikaru:20170205175732j:plain

モルディブに行ってみた

モルディブ

 

名前は聞いたことあったけど、行ってみたら予想以上に良かったので、書いてみる

 

これから行く人の参考になれば良いと願う

 

今回泊まったのはアトモスフィア系列の

【オーゼンバイアトモスフィア】

※このホテルを薦めてくれた渋谷のSTワールドさんのページから引用

STWさんはリゾート専門の旅行会社で渋谷にハネムーンの部署があったので相談に行きました

 

f:id:takehikaru:20170120190644j:image

 

オーゼンは去年できたばかりでまだあまり知られてなく、質が良い割にはまだ安く行けると教えて頂きました

それと、モルディブを楽しむにはオールインクルーシブがお薦めだと教えて頂き、オールインクルーシブというものを始めて知りました

 

これがまた体験してみるとかなりの満足感

何から何までやってくれるし、サービスもちゃんとしてる

そのリーゾートにいる間はほぼお金を使わない

 

ただ何かを買うとかなり高い

リゾート価格というか2倍から3倍の相場

我々も妻の水着と私のリネンの短パンを買ったら4万ちょいしました(笑)

※これはチェックアウトの時にまとめて清算

 

この旅行にかかったお金は二人合わせて5泊6日80万でした(帰り1日は機内泊)

詳細は以下の通り

  • 旅行代金 70万(保険込)
  • リーゾートでの買い物(水着.短パン)4万
  • マーレでのお土産 3万(私1万と妻2万)
  • 日本の空港での食事(行きと帰り)4千円
  • Wi-Fiレンタル6日間 1万
  • 渋谷から成田エクスプレス(行き)3千
  • 渋谷までのエアポートバス(帰り)3千

 

行きは11:20のフライトだったので家を出たのが6:00

もうウキウキだから起きるのは全然へっちゃらでしたが、寝坊だけが怖くてドキドキしてました

7:08の成田エクスプレスで空港へ

成田空港ではWi-Fiを借りて、チェックイン

モルディブに強かったのはグローバルWi-Fiでしたのでここで借りました

海外WiFi レンタル | 海外WiFiならグローバルWiFi

 

フライトはスリランカ航空でスリランカ乗り換えのマーレ空港まで約11時間

マーレから船でオーゼンまで45分

着いたのは現地時間の21:00過ぎでした

モルディブは日本よりマイナス4時間)

 

真っ暗な夜の海を船で連れて行かれるのはどこか他のところに連れて行かれるのではないかと、なかなか不安なものです(笑)

 

着くとそこには「ゆめ花さん」という日本人スタッフが出迎えてくれました

いろいろ丁寧に説明してくれたのですごく安心できました

 

着いてからは特に問題なく

いつでも飲み放題、食べ放題

もちろん太って帰って来ましたね

 

今回は水上ヴィラに泊まったのですが、泊まってみると思いの外怖い(笑)

モルディブ自体がそうなのか分からないが、我々の行った時は風が強く、潮が結構早くてヴィラに当たる波の音が激しかった

次回は陸でいいかな。

 

f:id:takehikaru:20170120190801j:image

f:id:takehikaru:20170120192301j:image

f:id:takehikaru:20170120192352j:image

f:id:takehikaru:20170120192419j:image

 

残念ながら、雲も多くサンライズとサンセットも水平線では見れませんでした

 

f:id:takehikaru:20170120191035j:image

 

マリンスポーツをしない我々のお気に入りはプール

頼めばお酒も軽食も好きなだけ出てくる

妻のお気に入りの【ヒューガルデン】が発音的に【ホーガルデン】だったので頼むのに最初は苦労しました(笑)

 

 f:id:takehikaru:20170120191142j:image

f:id:takehikaru:20170120191808j:image

 

リーゾート内は自転車移動ができるのですが、水上ヴィラへは徒歩のみ

 

f:id:takehikaru:20170120191752j:image

 

4日間で結構歩きましたね

歩きたくない人はカートで送り迎えもしてくれます

我々は食べ過ぎていたので基本歩き

 

マリンスポーツはそんなにしなくてもとりあえずはシュノーケリング

そんなに多くはないですが魚や小さなサメ、小さなエイもいました

 

f:id:takehikaru:20170120192143j:image

 

レストランも4つ

軽食が食べれるプール付きのバー

お寿司とお刺身が食べられるカウンター

とご飯も充実

部屋にもミニバーがあってビール、ジュース、ワイン、スパークリング、コーヒーなど充実してました

ミニバーはハウスキーピングと一緒に1日2回補充してくれます

 

f:id:takehikaru:20170120201427j:image

 

リーゾート全体はとても綺麗で清潔感がありました

飲み物も食べ物も新鮮で何を食べてもお腹が痛くなることはありませんでした

 

 モルディブでは特に何もせずにダラダラ過ごすことを目的としてましたので、だいたいは海外ドラマを観て過ごしてました

妻はウォーキングデッド

私はゲームオブスローンズ

 

Wi-Fiを借りていけば問題ないのですが、現地のWi-Fiを使う場合は日本の配信サービスは使えません

使うためには日本のサーバーを経由するVPN設定が必要なのでもしHuluなどを観たい人は設定しておくと安心です

私は一応インターリンクという会社のレンタルVPNを契約して行きました

 

f:id:takehikaru:20170120202233j:image

 

今回の旅行はとにかく大満足

少し値ははりましたがそれでも元は充分取れるほどのサービスと景色でした

 

我々にはちょうど良い期間であまり長く居て慣れてしまうとつまらなくなってしまうかもしれません

4泊ぐらいでまた来たいと思えるのが良いかなぁと思いました

充分ゆっくりさせて頂きリフレッシュできました。

仕事バリバリやってまた必ず行きたいと思います

 

あなたにはいますか?負けそうな時、頭に浮かんできてパワーをくれる存在が。

人は自分以外のものがないと弱い

 

何かがあった時に踏ん張れる人間というのは自分以外の大切な誰かや何かを中に持っている人たちが多い

 

自分しかない人間はどこかで甘えや弱さが出てしまう
自分だけで完結するから
自分だけの問題だと思っているから
そんな事はあり得ないのに

 

魔がさしたり、何か大きな決断をする時に親や師匠、店や会社の看板など
自分の行いによって大切な人に迷惑をかけたり、悲しませたりするかもしれないと、頭の中に浮かんでくるかどうかはかなり大きい

 

そういう大切な人やモノを持っている人は本当に幸せだと思う

 

もちろん自分しかなくても強い人はいるし、いたとしてもそこまでのものではなく、弱い人もいる

 

期待に応えようとすること
理想を形にしようとすること

そうやって自分の枠を超えた事を積み上げていく事でどんどん大きくなれる


確かに大変だし、辛い

しかし自分の枠の中で生きている人間はなかなか成長しない

 

個人主義の傾向にある今
これからは、より自分の中にどれだけ他人を自分の中に入れていけるかが大切になってくると思う

 

f:id:takehikaru:20161204092938j:image

【今なら簡単に書ける読書感想文】読書感想文が苦手だった私が大人になって分かった事

最近ふと思ったこと

子供の頃に夏休みの宿題に出た「読書感想文」

f:id:takehikaru:20161121031008j:plain

起承転結的な書き方があって

何となくそれに沿って書いてみるけれども、いまいち書き方が分からなくて苦手でした

 

大人になって本が好きになってよく読む様になったという事もあるけれども

お薦めの本をいろいろな人に紹介してお薦めすることが多くなって

 

お薦めしているのを考えたら、読書感想文てこういうモノに近いのかななんて

読んだ本を人が興味を持つ様に書いて、紹介する

そんな風に考えたら意外と書けるなと

 

そもそも国語っていう科目がおかしくて、なんで答えが1つなんだろうってずっと思っていた

その本を読んで何を思うか、どう感じるのかなんて人それぞれだろうし

全部正解なのに誰かが考えた(それも著者じゃなかったりする誰か)が決めた正解って意味が分からん

思想や考え方まで統一しようとしてるようにしか思えない

本を読んでみんなで語り合うこと自体が勉強だと思う

「そういう捉え方があるんだぁ」とか

「その考え方面白いね」とか

「それはおかしいよ」とか

意見を交わし合う

そうやって人の心を理解できると思う

 

答えとかじゃなく、もっとみんなの心の叫びを大切に!

 

 

 

そして話は変わるのだけど、最近の衝撃

こんなサイトがあるなんて...

 

その名も ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 普通にネットショッピングをする前に経由するだけ

その1工程入れるだけで、めちゃポイントが貯まって現金化できるっていう衝撃のサイト

 

俺はかなりネットショッピングで買うから

もっと早く知っていたらめちゃくちゃお得に買い物ができたのに(T^T)

 

皆さんは知っていました?

ネットショッピングが多い人はやらないともったいない

キャッシュバックがあるのに放棄している様なもの

 

気になったら見てみて

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス