自分がやってきたことが間違ってないか

40歳手前
この歳になってなんとなくわかってきたこと。
それは20歳、30歳と迷いながら、悩みながらやってきたことが間違っていなかったと思えること。
あの時の失敗
あの時の後悔
そういったものが全て今の自分を形成してる
あれがあったから今の自分がいる

要は今どう生きられているかで決まる
人生死ぬまで迷いの連続
【何になるか】よりも【どうあるか】
信念や志を持って信じた道を行く他にない

逆に今、辛いことに直面していたり
失敗して後悔していても
1日1日一生懸命生きて成長していけば
必ず良かったと思える日が来るということ

前に親父がこんな事を語ってくれた
「いろいろあったけど、今、子供たちが一生懸命頑張っている姿を見ると自分がやってきたことは間違いじゃなかった」と
そんな時間を経てひと段落つくこともあるのかと思うとすごい。

そして同時に自分が出す結果によって
親や師匠の正しさを証明できると思うとさらに頑張ろうと思う

生涯青春☆

f:id:takehikaru:20160411152137j:image