事を成す時の一番大切なこと

続けることの難しさ。
最初に決意したことを思いを持ち続ける事は本当に難しい。
一時、決意することや素晴らしいことを宣言することは誰でもできる
要はそれを続けることができるかどうかだ
思い続けること
やり続けること
愛し続けること
変わり続けることも一つの続けることだ

世の中は変わるし、自分のやるべきことも変わるかもしれない
だからこそ変わらないものを持ち続けることも難しいし、持ち続けることは大切だ
何を成すべきか成せるかはその時や状況で変化するかもしれない
でも、逆に言えばそれは行ったことも無いところの景色を想像して何とかしようとしているだけに過ぎない
その景色が現実味を帯びてくるのは自分に力がついてきた時だ
見える景色が変わればやるべき事、方法は変わってくる
しかし、志や信念というものはそうそう変わるものでも無い
ふんきしたときの熱い気持ち
初心忘れべからずの「初心」とはその決意や情熱みたいな想いではないだろうか
うまくいかない事も多い
理想と現実の壁を感じて絶望することもあるだろう
例え叶わないとしてもその理想を持ち続けて続けることそのものに意味があり、価値があるのだと思う
火のように一時大きく燃え上がって消えてしまうのは、見た目は派手だが、周りを飲み込み一緒に燃やして散らかして消えてしまうのはどうかと思う
そうではなく水のように小さな川から大河にそして海のようになって全てを大きく包み込んで流れ続けるようなのが理想だ

未来はどうなるか誰にもわからない
理想や希望を持ち続け、少しでも前に進んでいこう
そうすればまた違う景色が待っている

 

f:id:takehikaru:20160701142901j:image