本当に辛いのはこれから

f:id:takehikaru:20160821011915j:image

 

最近はオリンピックや甲子園の話題で持ちきり

 

当然だが勝者と敗者が出る

その敗れた人達を見ていると心が痛くなる

 

彼らの本当の苦しみはこれから来るのだから

私もかつては仮にも高校野球で甲子園を目指していた高校球児だった

当然、そこまで強くなかったので、神奈川県大会敗退

しかしそんな私でさえ、負けた時のあの一球、あの一打席、あの一瞬を何度も思い返した

それも毎日、何度もふと思い出す

夢にも見る

それが何年も続く

 

他人からしてみれば、その時の事柄として過ぎ去ってしまう事が本人の中ではずっと生き続け、成長して大きくなる

 

卓球の愛ちゃん、レスリングの吉田沙保里を始め、全ての敗者の後悔は無くならないと思う

周りがいくら慰めようが、褒めようが本人の中のそれは変わらない

たった一つの後悔は呪いの様に付きまとう

 もちろんそれを糧に強くなるだろう

しかし、私でさえ苦しんだこの苦しみを考えると彼らの苦しみは計り知れない

 

ふとした時に涙を流し、夢でうなされ、今までの事すらも全て否定された無力感に苛まれる事だろう

 

この決して消える事のない後悔は上書きをして払拭するしかない

 

10年20年経った時にあれがあったから今の自分があるのだと思える時までおそらく苦しむ

そうなっても思い出さなくなる事はない

いくら意味があるんだと頭で分かろうとしても本当にそれの方が良かったと心から思える様になるには理屈ではない

 

我々では想像もできないとてつもなく大きく重い傷

いつどの様にして、彼らがそこを乗り越えてくるかは分からない

しかし我々にはできる事など無い

そっと見守り、祈りを贈るしかない

 

そういう傷を抱える人達はそばにもたくさんいる

そばにいる人達はそれぞれのやり方でその人達に寄り添い共に乗り越えていってほしい

 

たとえ小さな痛みや重みでも休みなくずっと抱えていると人は壊れてしまう

共に痛みを分け合い、重さに手を貸すしか無い

 

本当の意味で乗り越えて受け入れるにはまだ時間がかかる

 

これは私の勝手な推測だがそういう視点も考えに入れて付き合っていて欲しい

 

とにかく一生懸命やったことには意味があり必ず結果につながってくる

 

それを踏まえて今回感動をくれたオリンピックや甲子園球児には感謝を述べたい

勝手にありがとう☆