【今なら簡単に書ける読書感想文】読書感想文が苦手だった私が大人になって分かった事

最近ふと思ったこと

子供の頃に夏休みの宿題に出た「読書感想文」

f:id:takehikaru:20161121031008j:plain

起承転結的な書き方があって

何となくそれに沿って書いてみるけれども、いまいち書き方が分からなくて苦手でした

 

大人になって本が好きになってよく読む様になったという事もあるけれども

お薦めの本をいろいろな人に紹介してお薦めすることが多くなって

 

お薦めしているのを考えたら、読書感想文てこういうモノに近いのかななんて

読んだ本を人が興味を持つ様に書いて、紹介する

そんな風に考えたら意外と書けるなと

 

そもそも国語っていう科目がおかしくて、なんで答えが1つなんだろうってずっと思っていた

その本を読んで何を思うか、どう感じるのかなんて人それぞれだろうし

全部正解なのに誰かが考えた(それも著者じゃなかったりする誰か)が決めた正解って意味が分からん

思想や考え方まで統一しようとしてるようにしか思えない

本を読んでみんなで語り合うこと自体が勉強だと思う

「そういう捉え方があるんだぁ」とか

「その考え方面白いね」とか

「それはおかしいよ」とか

意見を交わし合う

そうやって人の心を理解できると思う

 

答えとかじゃなく、もっとみんなの心の叫びを大切に!

 

 

 

そして話は変わるのだけど、最近の衝撃

こんなサイトがあるなんて...

 

その名も ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 普通にネットショッピングをする前に経由するだけ

その1工程入れるだけで、めちゃポイントが貯まって現金化できるっていう衝撃のサイト

 

俺はかなりネットショッピングで買うから

もっと早く知っていたらめちゃくちゃお得に買い物ができたのに(T^T)

 

皆さんは知っていました?

ネットショッピングが多い人はやらないともったいない

キャッシュバックがあるのに放棄している様なもの

 

気になったら見てみて

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス